飲食店や美容室の集客の指標となるサイト

ローカルビジネスにおけるオウンドメディアの重要性と基礎

Webマーケティング オウンドメディア

飲食店や美容室、クリニックなどをはじめとしたローカルビジネスの経営者が常に頭を悩ませる問題、それはずばり「集客」でしょう。
特にインターネットが普及した現代ではWebによる集客が非常に重要となっており、
ここを上手く行えるかどうかがビジネスの成否を握っているといっても過言ではありません。

そういったWebマーケティングの中でも最近「オウンドメディア」というものがローカルビジネスでも必須となってきています。

「オウンドメディアってそもそも何?」
「オウンドメディアって作った方がいいの?」

このように思っている方も多いでしょう。
この記事はそのような方々に向けてオウンドメディアの重要性と基礎知識を解説しています。

オウンドメディアを上手く活用すれば皆様のローカルビジネスにおける集客方法の選択肢が圧倒的に広がり、きっとビジネスを拡大・成長させていくことができるでしょう。

オウンドメディアとはなにか

オウンドメディアの定義

オウンドメディア (英語:Owned Media) とは広義では企業や事業者自らが所有して消費者に向けて発信する媒体のことを意味します。
Webマーケティングの業界では一般的に企業のホームページのことを指すことが多いです。

ローカルビジネスにおけるトリプルメディア

上記のオウンドメディアという言葉が広まった背景には「トリプルメディア」と呼ばれるメディアの分類方法の考え方が提唱されたことがきっかけでした。
この「トリプルメディア」はメディアを以下の3つに分類して整理したフレームワークのことを指します。

①オウンドメディア(Owned media)

上述の通り自社が所有しているメディアのことです。
自社で管理しているのでそれぞれのローカルビジネスの戦略に沿った独自のコンテンツを適切なタイミングで発信できます。
後述のペイドメディアと異なり、掲載料のようなものは発生しないため、販促費はサイト維持・運営費のみでコストがあまりかかりません。
その反面、広く消費者にPRするためにはSEO対策などの専門的な知識や質の高いコンテンツを作るためのサイト運営工数がかかります。

②ペイドメディア(Paid media)

Web広告をはじめとした掲載や出稿に支払を必要とするメディアのことです。
即効性が高く、広告費さえ支払うことができれば、すぐに多くの消費者に訴求することができます。
有名なペイドメディアの例として、飲食店では食べログぐるなびホットペッパーなどが挙げられます。
これらの媒体はすでに多くのユーザーを抱えており、Google検索でも関連キーワードで上位表示を独占しています。
したがって掲載料を払って自店舗を掲載してもらうことで、即時的に集客を行うことができます。
一方で一定の効果を出し続けるためにはそれなりのコストをかけることが必要となります。

③アーンドメディア(Earned media)

消費者が発信の起点となるメディアのことです。
TwitterなどのSNS(ソーシャルメディア)などが主に該当します。
レビューや口コミといった消費者側からの声が反映されるため信頼度が高くなるというメリットがあります。
一方で企業側から情報をコントロールすることが難しいといったデメリットもあります。

ローカルビジネスにおけるオウンドメディアのメリット・デメリット

ここからは具体的にローカルビジネスがオウンドメディアを持つことのメリット・デメリットを整理します。

メリット①:販促費・広告宣伝費の削減

ペイドメディアは販促手段として手軽・拡散性が高い・即効性が高いといった特徴がありますが、広告掲載料が非常にかかります。
また、掲載やめたとたんに集客効果が失われてしまいます。

一方でオウンドメディアであれば費用はサーバー代やドメイン代のみですので、年間で1万~2万円程度のコストで運用が可能です。

現在も多くのローカルビジネスの経営者がペイドメディアへの広告費に悩まされている事かと思います。
しかし、オウンドメディアでしっかり集客できるようになれば全体の販促費は下げることが可能なのです。

メリット②:顧客データの蓄積が可能

こちらはオウンドメディアを運営する最大のメリットの1つだと思います。

オウンドサイトはアクセスした人のユーザー情報(年齢、性別、所在地など)を取得・蓄積していくことが可能です。
例えば、自身のオウンドサイトから来店の予約をしたユーザーの属性が若年層の女性が多いというデータが得られていれば、20代女性のみに配信を限定したWeb広告出稿などを行えば広告の効果を高めることが期待できます。

このように顧客データの蓄積は将来的なマーケティング戦略立案に必要な大きな要素となり、資産となります。

メリット③:自店舗の独自のブランディングが容易

ペイドメディアアーンドメディアでは各媒体である程度情報掲載のフォーマットが決められています。
したがって他店舗との差別化の難易度が非常に高いです。

具体的な例を思い浮かべてみてください。

食べログに掲載の飲食店で他店舗とまるっきり異なった自店舗ページを持っているお店はほとんど見受けられないですよね。
あれはどのお店も食べログが作成した店舗情報ページのフォーマットに沿って作成しなければならないからです。

一方でオウンドメディアでは完全に独自のデザインでサイトを作成することができるため自由度がとても高いです。

したがって、自身の店舗のイメージにしっかりとマッチしたページを作り上げることができ、ブランディングにとても有効となります。

デメリット①:成果がでるまでに時間と労力がかかる

オウンドメディアの最大のデメリットは成果がでるまでに時間と労力がかかるということです。

即効性・拡散性の高いペイドメディアと違い、中長期にわたって試行錯誤しながらしっかりとサイトを作り上げていく必要があります。

成果が出るまで必ず続けるという覚悟が必要です。

デメリット②:Webマーケティング特有の知識が必要

オウンドメディアを効率よく運営するためにはWebマーケティング特有の専門知識が必要となります。

・SEO対策
・アクセス解析
・コンテンツマーケティング
・etc..

もちろんこれらの知識が無くてもオウンドサイトを立ち上げることはできます。
しかし、集客の手段として最大限効果を発揮するには必須となります。
これらは単なる知識だけでなく経験による部分も大きいため場合によっては専門家に相談する方がよいでしょう。

当ブログでオウンドメディアの基礎知識を勉強しよう

なぜローカルビジネスでオウンドメディアが必要なのか

ローカルビジネスではこれまでWeb集客の方法としてはペイドメディアが主流でした。
例えば飲食店では基本的にぐるなび、食べログ、ホットペッパーのような大手3媒体と呼ばれるポータルサイトに多額の掲載料を支払って集客することが正攻法であり王道でした。

しかし近年ではSNSなどの台頭により、ユーザー(消費者)がお店を探す行動が変化してきています。以前は各ペイドメディアの媒体で検索してお店を知るユーザーが多かったのですが、現在はInstagramなどをきっかけにお店を知る人が増えてきています。

つまりはペイドメディアのみに露出するだけでは不十分となってきているのです。
したがってトリプルメディアすべててバランスよく的確に販促を行っていく必要があります。

トリプルメディアはそれぞれが相互に補完関係にありますが、そのなかでやはり主軸となるのは「オウンドメディア」です。
お店の強み、特色をしっかりと発信するオウンドメディアがあってこそ、その他のメディアの効果も最大限に発揮できるからです。

ローカルビジネスをしているけどオウンドメディアを持っていない人、これからローカルビジネスを始めようとしている人はすぐにオウンドメディアを作りましょう!

オウンドメディア立ち上げから運営方法まで説明

当ブログでは今やローカルビジネス経営者に必須となったオウンドメディアの立ち上げ方から運営方法までしっかりと説明していきます。
初心者でもこれらを一通り読めば最低限の運営が可能なレベルになると思います。
ぜひご活用いただいて自慢のオウンドメディアを作成しましょう。

個別にコンサルティングや広告運用の相談も受付

我々はこれまで多くのローカルビジネス店舗のWebマーケティングの支援を行ってきました。
その経験を活かして個別にコンサルティングや広告運用の相談も実施しております。
ローカルビジネスのWeb販促にお困りの方はぜひ一度お気軽にご相談ください。
オウンドメディアを含めて、ブログだけでは分からない各店舗様の状況に応じたご提案をいたします。


Warning: file_get_contents(index.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/fuumin41/dawn-of-local-business.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 446