飲食店や美容室の集客の指標となるサイト

MEOとは?SEOとの違いや具体的方法を紹介!

MEO

この記事は、
「MEOとは?SEOとは何が違うの?」
「MEOとは具体的に何をしたら良い?」
と疑問に思っている方向けの記事です。

MEOという言葉を耳にすることが多くなりましたが、そもそもどのような施策をするのかよくわからないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、
・MEOとは?SEOとの違い
・MEOのメリットデメリット
・MEOとは具体的に何をしたら良いのか?
についてご紹介します。

MEOとは?SEOとの違いは?

MEOとは、「マップエンジン最適化」を意味する言葉で、英語名の「Map Engine Optimization」の頭文字を取った言葉です。

明確な定義があるわけではないのですが、一般的に2つの意味があります。
1.Google Map上での露出対策
2.地域名+業種で検索した際の露出対策
MEOは、ローカルSEOと呼ばれることもあります。

今のユーザーの行動は、地図上で検索したり、検索エンジンで「エリア名+業種」で検索して、お店の情報を探しています。

例えば、自分が新橋にいて近くの焼肉屋を調べる時に、GoogleMAP上で「焼肉」と検索してお店を探したり、

梅田でご飯を食べる予定がある人が、「梅田 居酒屋」で検索してお店を探したり、
MEO とは

GoogleMapを活用して、お店を調べることが以前より増えた為、GoogleMap上で自分のお店の情報を露出させることで、集客に繋げる施策ことを総称してMEOと呼んでいます。

その為、MEOは飲食店や美容院、クリニックなど地域密着型の店舗系ビジネスを展開されている企業は必須の施策です。

MEOとSEOの違いについては、
MEO:GoogleマイビジネスのGoogle Mapでの上位表示対策
SEO:Webサイトの上位表示対策
となります。

MEOの施策は、自店舗の営業時間や住所、電話番号、サービス情報などを整えていくことが多いですが、SEOはWebサイトに検索キーワードに関連したコンテンツを作ることが多いです。

MEOのメリット

MEO対策をするメリットは主に2つです。
1.SEOよりも上位に表示される
2.無料で集客できる

1.SEOよりも上位に表示されるについて
検索キーワードで「エリア名+業種」で検索した際に、SEOよりも上位表示されやすいです。
例えば画像の通り、「新宿 居酒屋」で検索した際に、GoogleMapが上位に表示されているのがわかります。
MEO とは

目立つ場所に地図が表示される為、表示されれば店舗の認知を高めることができます。

2.無料で集客できるについて
SEO対策をする場合、ドメインやサーバー代などの費用がかかりますし、ぐるなびやホットペッパーなどの集客媒体は、登録したり予約が入ったりすると費用がかかります。SEO対策を業者に依頼すると数十万の費用がかかります。

しかしMEOは、Googleマイビジネスのアカウントに登録したり、予約が入ったりしても費用はかかりませんので、無料で取り組めます。
MEOは基本的に自分で取り組めますが、もし業者に依頼したとしても数万円なので、SEOに比べるとやすいです。

なので、店舗集客を行う上で非常に効果的に取り組めます。

MEOのデメリット

MEOのデメリットは、管理する手間がかかるということです。

具体的には、
・インスタグラムのような投稿を定期的に行う
・口コミをしてもらうための取組み
・ユーザーの口コミの管理
が必要です。

MEOは一度やったらおしまいではなく、定期的に情報をアップデートすることが必要です。
新商品やクーポンのお知らせ等を、インスタグラムのような投稿機能を使って、定期的にユーザーに案内する必要が出てきます。

また、口コミの機能がある為、ユーザーから口コミを書いてもらえるよう、店内にチラシやポップを置いたりする必要も出てきます。
ユーザーが口コミを書いてくれたら、口コミに返信しないといけません。

1つ1つの作業自体は大したボリュームではありませんが、忙しい合間にこういった手間が発生するのがMEOのデメリットです。

MEOの具体的な施策

では、MEO対策は具体的にどうやって行えばいいのか、について3つのステップでご紹介します。

Googleマイビジネスに登録

Googleマイビジネスとは、GoogleマップやGoogleの検索結果などに、自社情報を載せることが出来る無料のWebツールです。

Googleマイビジネスで実施できることは下記の通りです。
・店舗名、電話番号、住所の登録
・営業時間の記載
・商品やサービスの記載
・店舗の外観や内観、商品などの写真の掲載
・予約システム
・口コミの投稿、返信

Googleアカウントさえあれば登録が可能です。
Googleマイビジネスの登録はGoogle公式サイトをご確認ください。

Googleマイビジネスに情報を載せる

Googleマイビジネスの登録が完了したら、店舗の情報を載せていきます。

必ず記載して欲しい情報は下記です。
・住所と電話番号
・営業時間(平日、土日祝の営業時間だけでなく、定休日がいつなのか、年末年始がいつからいつまででその期間の営業時間の記載も)
・お店の商品やサービスの詳細
・お店の外観や内観、商品の写真(最低でも30枚以上は登録)
・お店のWebサイトのリンク

特に重要なのが住所、電話番号です。
Webサイトや媒体に載せているものと統一した表記で記載してください。
(住所も1丁目2番地と、1-2などの書き方も統一する)

なぜかというと、Googleが「このお店は人気だな」と判断する指標が住所や電話番号だからです。
その為、媒体とGoogleマイビジネスで情報が統一されていないと、正しく認識出来ません。

なので、番地の書き方も含め統一した表記にしてください。

Googleマイビジネスにクチコミを集める

最後は、実際にお店を訪れたユーザーに口コミを書いてもらいましょう。

口コミは検索順位を決定する重要な指標の1つです。
良い口コミがたくさん書かれている店舗は上位表示がしやすくなります。

なぜ口コミが重要なのかというと、ユーザーがお店を探す時に口コミをチェックしているからです。
気になるお店があった時に、食べログの点数をチェックするように、Googleも口コミをチェックしています。

口コミを集める方法はこちらの記事でご紹介しているので、ご参照ください。

https://dawn-of-local-business.com/web-marketing/meo/google-my-business-word-of-mouth

まとめ

MEOとは何なのか?SEOとの違いについてや、具体的なMEO対策の方法について紹介しました。

MEO対策は自分で取り組めることが多いですが、中には忙しくて管理が出来ないという方もいらっしゃると思います。

当サイトでは、MEO対策の代行を請け負っており、お客様のニーズに合わせたご提案をしております。
コンサルティングページから、ご依頼頂けますのでご確認ください。

https://peraichi.com/landing_pages/view/local-business


Warning: file_get_contents(index.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/fuumin41/dawn-of-local-business.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 446